美容サロンを作る|周辺環境を意識したハウスクリーニング店の開業を考えよう

周辺環境を意識したハウスクリーニング店の開業を考えよう

ウーマン

美容サロンを作る

美容院

美容室の開業に関しては、他の飲食業や販売小売業などと比べると事業規模にもよりますが、まずはスタッフを雇わず自分一人だけで経営してお客を相手にするだけの小規模店なら改装費用と備品や道具を入れても400万前後で作ることができると言われています。居抜き物件などの元々美容室があった店舗を機材一式再利用という形で使い開業できるのであれば、費用は更に安くなるでしょう。将来を見越して事業規模を大きく、最初からスタッフも複数雇い、目立つよう注目を浴びられるような店にしていきたいのなら、参考にする店舗イメージも大手の美容室チェーン店と同等など考えると1000万ぐらいの予算が必要になると思われます。多くの場合、一括ではなくローンで銀行などから融資を受けたりしますので、しっかりとした事業計画書などの作成が必要です。

美容室を開業にあたって、備品や道具の中で金額が高いものは椅子や加温器といった専門的な美容道具だと言われています。新品の製品を正規の値段で買うとなると、複数用意するだけでも簡単に100万を超えていくでしょう。ですが、最近では廃業したサロンや使わなくなった備品を撤去したサロンなどから椅子や機材を集めてきてオーバーホールし外観の皮などを張り替えて再生商品とし、安く販売している会社があります。外側も綺麗でメカ部分も問題なく機能しますので、どうしても新品に拘らないというのであれば、再生商品を頭に入れたほうが開業費用は安く済ませることができます。お店を開いて、しばらくは固定客を自ら掴んでいく必要がありますのでテナント料や人件費を考えるとランニングコストも考えなくてはなりません。